kinomikinomi’s diary

東京1人暮らしの趣味ブログ

ローストビーフ 大野

秋葉原にあるローストビーフ丼屋
『大野』に来ました。

f:id:kinomikinomi:20170514164002j:image

日曜日のお昼時に来てしまったので長蛇の列。
平日に来ればよかった…

お肉は、黒毛和牛かオーストラリア産のもの
を選べます。

f:id:kinomikinomi:20170514164012j:image
お店の方曰く、黒毛和牛の方はサシが入っててトロッとしていて、オーストラリア産の方は赤身感が強く肉々しい。
並んでいる間に注文を聞かれ、私は肉々しい方のオーストラリア産を選びました。

 

40分ほど待って、地下のお店に入りました。

 

3分くらいで丼が席に運ばれました!

ここで食べ方の説明してくださいます。
これがまたお腹減ってるからしんどい、ただの拷問、早く食べたい笑

説明は是非ともラミネート加工して卓上に置いておいていただきたい笑 待っている間に読んでおくから…!笑

f:id:kinomikinomi:20170514164159j:image
しっかりした身なのかな〜と思ってたのにトロットロ!でも、赤身が強いのでしつこくない!オススメです。是非、平日に行ってみてください!

ゆで鶏アレンジレシピ①

前の記事で紹介したゆで鶏、無限の可能性秘めてます。

①これは、高菜とゆで鶏のチャーハン。

f:id:kinomikinomi:20170514002601j:image

手で裂いて、ごま油と高菜を炒めるだけ。
既に火が通っている鶏と、火を通さないでも
大丈夫な高菜なので一瞬で完成。
(今回はシメジも入れましたが、言わずもがなすぐに火は通ります。)

 

②粒マスタード焼き(平皿の右側)

f:id:kinomikinomi:20170514002610j:image

マヨネーズと粒マスタードを混ぜ、
蒸し鶏に塗ってトースター行き。
これも、火は通っているので生焼けを心配することなく調理できます。
マスタードって、使うだけでお店っぽくなるから不思議。

 

まだまだあるので(でも、写真がない)
また投稿いたします。

作り置きおかず(1)

今回買ってきた食材です。

f:id:kinomikinomi:20170508214004j:image

上記プラス
・胸肉2枚分
・胸ひき肉 500グラム

合計で2,000円くらい。


作ったのはこちら。

f:id:kinomikinomi:20170508214004j:image
フォトジェニック感皆無。笑

・茹でブロッコリー
・中華スープ
・ニンジンのきんぴら
・きゅうりの酢漬け
・きゅうりと胸肉のマリネ
・茹で鳥
・鳥そぼろ
・もやしとツナのナムル


・中華スープ
業務用の鶏がらスープのもとを使っています。いっぱい入ってて安い。肉団子は器を汚したくないのでポリ袋で作ってしまいます。生肉で汚れた食器を洗いたくない為。

団子にするときは端をハサミで切って、

f:id:kinomikinomi:20170508214047j:image

お玉か、お箸か、スプーンか何かでスープの中に落とせば楽ちんです。

いつもは胸ひき肉に豆腐を入れるのですが、買い忘れたので胸ひき肉オンリーで団子を作りました。いつもの5倍くらい硬くて、食感が残念だったので次回から豆腐は必ず買うと心に誓いました。

 

・ニンジンのきんぴら
ピーラーでガンガン薄く削いでいきます。細すぎて手を削ぎそうになったところでやめます。自炊してるのに、怪我して治療費にお金かかったら意味ないので。今回は細くなったニンジンは輪切りにして、上記の中華スープに入れました。

 

・きゅうりの酢漬け
ミツカンの簡単酢を使います。きゅうりを塩もみして洗って切って、適当に簡単酢を入れるだけで美味しい副菜ができます。この調味料は本当に優秀です。商品化してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

・茹で鳥
鍋いっぱいに沸騰させたお湯を用意し、そこに胸肉を投入。1分くらい加熱して、そこから火を消して余熱で1時間くらい放置。胸肉とは思えないほどのフワフワ食感の茹で鳥の完成です。

 

・きゅうりと胸肉のマリネ
酢漬けで余ったキュウリと、茹で鳥の端っこを裂いて合わせて、和風ドレッシングかけただけの副菜。思いつきで作った割にめちゃくちゃ美味しいです。

 

・もやしとツナのナムル
主婦の味方もやしと、ニンジンのきんぴらの為に削いだ分を拝借。レンジでしなしなになるまで温める。(モヤシはしなしな派)そしてツナを入れて、塩で味付け。いつもは、だしの素か鶏がらスープの素を使っているのですが今回は、だしの素が切れていて尚且つ鶏がらスープの素でスープ作ってしまったので使いませんでした。

 

今日からダイエット始めました。ヘルシーにキメます。頑張って痩せてスキニーをカッコよく履けるようになりたいです。

 

ディズニーランドに行ってみた

ディズニーに行ってびっくりしたこと3つ。

カリブの海賊のこと

夜の設定なので、挨拶が「こんばんは」なんですね。朝の9時に行ったのに笑

 

②バースデーのお祝いのこと
シール作ってもらいました。可愛い装飾入り。キャストの方に頼むと貰えます。腰につけてるバッグに色ペンがたくさん入ってる方に頼むとカラフルにしてくださる可能性大!

ちなみに、こんな嬉しいレシートまで。レジのお姉さんが「ちらっとバースデーシールが見えたのでバースデーレシートです!」と笑顔で。閉園の時間で、早く終わらせたいところにここまでの気遣い。

f:id:kinomikinomi:20170507213234j:image

 

トゥモローランドの樹木が全部立方体。次世代で機械的なイメージが刈込みにまで影響してます。そして、お花もランダムに植えられてるのではなくピシッと色分けされてました。笑 写真撮るの忘れてしまいました…

 

ディズニーってほんとにしっかりしてます。
アトラクションごとのコンセプト、キャストの方が臨機応変に対応してくださる感じも大好きです。尊敬します。

 

バイトなのにハイレベルな働きをさせるディズニー、どういう教育されてるんだろう…と思った日でした。

ディズニーシー行ってみた

連休中に行ってきました。

人は多かったけど、ファストパスを使うと意外と乗れます!

朝から行くと夕方にはクタクタ。笑
ですので、オススメ休憩スポット紹介します。


①ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
アメリカンウォーターフロントポートディスカバリーを繋ぐ汽車。座りながらショートカットできます。この汽車を設置しようと考えた人に感謝。

f:id:kinomikinomi:20170504235346j:image

 

②シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
魔法の絨毯の近くにあります。
ディズニーシー版イッツ・ア・スモールワールドのようなアトラクションで、10分ほど乗ったままで休憩できます。しかも待ち時間も10分くらい。笑
疲れたけどベンチに座ってるのはちょっともったいないと思う方、隙間時間に何かしらアトラクションに乗りたい方にはオススメです。

 

③タワーオブテラー前のベンチ。
いっぱいベンチがあります。夜には音楽と水と光がコラボした綺麗な噴水を見ることもできます。

f:id:kinomikinomi:20170504235440j:image


オススメの乗り物ではなく、あえてオススメ休憩スポット紹介してみました笑 疲れたらゆっくり休んで、そこからまた楽しんで来てください!!

 

資生堂ギャラリーに行ってみた

最寄駅はJR有楽町駅。そこから10分弱歩きます。今回は「初心」がテーマの展示です。

f:id:kinomikinomi:20170503235239j:image

柔軟に変化することは重要です。
しかし、行き詰まって混乱しているときは「初心」に戻ってみると、努力していた昔の自分を裏切りたくないっていう気持ちや、昔の自分の信念みたいなものを思い出し、もう一度頑張れる元気が出てくるような気がします。

 

展示で印象的だったのは、お札の展示。
「千円札事件」初めて知りました。(典型的歴史苦手なリケジョ)

f:id:kinomikinomi:20170503235258j:image

f:id:kinomikinomi:20170503235314j:image

 

また、資生堂ギャラリーにはスタンプカードがあります。

f:id:kinomikinomi:20170503235328j:image

 

中身はこんな感じ。

f:id:kinomikinomi:20170503235417j:image

 

今回、こんな物をもらいました。

f:id:kinomikinomi:20170503235434j:image
資生堂ギャラリーに関連するデザインで、マグネットか缶バッチを選べます。あと数種類あるようです。

スタンプ3つで1個プレゼントしてもらえます。コレクター魂が燃えます。

 

2ヶ月弱で違う展示に変わっていきます。今後も楽しみです!

 

TAKAO 599 museum に行ってみた

最寄駅は京王高尾線高尾山口駅
駅の改札を出て右手側に進み
、左手に出てくる橋を渡って、また右へ。
右手側に芝生の広がるミュージアムが現れます。

f:id:kinomikinomi:20170502202954j:image 


敷地には小川が流れています。
小さなお子さんが遊べそうなおもちゃ、ベビーカー貸し出しもあります。小さい丘のようなプレイルームもありました。

f:id:kinomikinomi:20170502203049j:image

f:id:kinomikinomi:20170502204104j:image

 


1階常設展は無料です。その分ボリュームは少なめ。


しかし甲虫類の下翅(カブト等の薄い翅)が伸ばされた標本や、植物の樹脂標本が印象的でした。(カブトは写真自粛)

f:id:kinomikinomi:20170502203242j:image


植物の樹脂標本、家にあったらいいなぁ〜と思い、ショップを見てみると、1万円オーバー笑  買われへん笑


スタッフの方は常時2、3人おられて、質問があれば教えて頂けるみたいです!

 

また、今回は「世界の不思議な虫展」というものが開催されていたので見てきました。(入場料大人200円)生体展示もあり、こちらは見応えありでした。

f:id:kinomikinomi:20170502204544j:image

1階の常設だけの見学だと、じっくり見ても30分弱の所要時間です。

 

ここで、高尾山の生き物を頭に叩き込んでから、山を散策するのが良いかもしれないですね!

 

周りを見てみると、意外と1人で来てる人もちらほら。ぼっちでも、カップルでも、家族でも、自然に興味のある方は高尾山散策とセットにしてオススメ致します!